生前対策ができる

税理士は相続問題の生前対策をするために活用することができます。生前にあらかじめ対策をしておけば、自分の死後に遺族がトラブルに巻き込まれてしまうのを防ぐことができます。その際に税理士を頼れるのです。

手たとえば生前贈与という方法があるのです。こちらは被相続人の生きている間に財産を贈与するという方法です。こちらでは基礎控除額が認められています。それは年間110万円までとなっています。したがって、これ以下の生前贈与をしたならば、それぞれに贈与税は発生しなくなります。しかも、これは1人あたりの基礎控除となっているのです。こちらを利用することによって、相続税の負担を避けることができるでしょう。

ただし、贈与税については注意することがたくさんあります。また、生前贈与をするならば、そもそも自分がどのくらいの財産を持っているのか把握する必要があるでしょう。財産が多いならば、少しずつ生前贈与するという方法もあります。しかし、その際にも気をつけるべきポイントはたくさんあるのです。これらについて税理士はしっかりとサポートしてくれるでしょう。税金のプロである税理士に相談をすることによって、贈与税に関する問題をしっかりと解決することができるのです。

関連サイトhttps://soleil-confiance.co.jp/
相続問題の相談先を探せる「ソレイユ総合ナビ」のサイトです。

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket