投稿者「管理人」のアーカイブ

生前対策ができる

Published / by 管理人

税理士は相続問題の生前対策をするために活用することができます。生前にあらかじめ対策をしておけば、自分の死後に遺族がトラブルに巻き込まれてしまうのを防ぐことができます。その際に税理士を頼れるのです。

手たとえば生前贈与という方法があるのです。こちらは被相続人の生きている間に財産を贈与するという方法です。こちらでは基礎控除額が認められています。それは年間110万円までとなっています。したがって、これ以下の生前贈与をしたならば、それぞれに贈与税は発生しなくなります。しかも、これは1人あたりの基礎控除となっているのです。こちらを利用することによって、相続税の負担を避けることができるでしょう。

ただし、贈与税については注意することがたくさんあります。また、生前贈与をするならば、そもそも自分がどのくらいの財産を持っているのか把握する必要があるでしょう。財産が多いならば、少しずつ生前贈与するという方法もあります。しかし、その際にも気をつけるべきポイントはたくさんあるのです。これらについて税理士はしっかりとサポートしてくれるでしょう。税金のプロである税理士に相談をすることによって、贈与税に関する問題をしっかりと解決することができるのです。

関連サイトhttps://soleil-confiance.co.jp/
相続問題の相談先を探せる「ソレイユ総合ナビ」のサイトです。

 

申告を任せる

Published / by 管理人

書類税理士というのは相続税の申告をすることができます。こちらは自分で行うこともできるのですが、これは大変なことです。とても手間や時間がかかってしまいます。この仕事に慣れている税理士でさえも時間がかかってしまう仕事なのですが、税理士に任せることによって、正確に税申告ができるようになるでしょう。必要な書類をしっかりと集めて、スムーズに申告してくれるのです。何度も役所へ行く手間を省くことができるでしょう。

同時に節税の検討もしてくれるのが税理士です。たとえば財産評価はとても大切です。どれくらいの財産が残っているかによって、相続税が大きく変わるのです。それを評価するのが財産評価です。この財産評価をできるだけ低くするためのコツを教えてくれるでしょう。自分で財産評価をしてしまうと実際よりも評価額を高くしてしまい、税金が増えてしまうことがあるからです。たとえば土地や不動産を複数持っていた場合には、計算がおかしくなってしまうことがあります。

税理士であれば評価額を大幅に下げるための特例についても知っています。さまざまなコツを心得ているため、安心して税理士に相談をしましょう。そうすれば多くの相続税を負担しなくても済むかもしれません。

税理士への相談

Published / by 管理人

遺産相続について誰に相談をすれば良いのか迷ってしまう方がいるかもしれません。このときに相談できる相手としては弁護士や司法書士、税理士などがいます。それぞれができることは異なっています。税理士の場合は相続調査をしたり、遺産分割協議書作成をしたり、相続税の申告をすることができます。この中でも特におすすめなのは税理士でしょう。

計算機税理士というのは税金やお金に関する専門化となっています。まず、税理士にしかできない仕事として税務署への申告手続きがあります。相続をするということは税金が発生してしまうことになります。相続税を支払わなければいけないのです。これはしっかりと計算をして算定しなければいけません。相続税の負担というのはとても大きなものです。できるだけ税金を減らしたいという方は多いでしょう。

税理士に相談をすることによって、相続税対策ができるようになるでしょう。これは1つのメリットとなっています。これによって、負担する税金を減らすことができて、より多くの財産を受け取れるようになるのです。特に多くの財産が遺産として生じたときに役に立つでしょう。税理士であればこのような問題をしっかりと解決することができるのです。

相続相談とは

Published / by 管理人

家族相続が問題となるケースが増えています。それまではとても仲が良くて平穏な毎日を過ごしていたはずなのに、家族の死がきっかけとなって遺産相続問題が噴出してしまうことがあるのです。これによって家族関係が崩壊してしまったり、骨肉の争いに発展してしまうことは少なくありません。自分の家にはトラブルになるような財産なんてないと考えている方がいるかもしれませんが、それでも起きてしまうことがあるのです。

相続問題については、多くの方があまり関心を持っておらず、当事者意識が薄れています。そのため、適切な知識を持っておらず、トラブルをよけいに深くしてしまうことがあるのです。これは財産の金額の多寡とはあまり関係ありません。

たとえば相続人の1人が遺産を独り占めしようとしてしまうことがあります。あるいは亡くなったあとで生命保険がかけられていたことが判明してしまうこともあるでしょう。相続人の中に行方不明者がいる場合もあります。これらのケースでどのように行動すれば良いのか分からなくなってしまい、結果的にトラブルになってしまうことがあります。

このようなトラブルの際に誰に相続相談をすれば良いのか分からないという方は多いでしょう。実は税理士に相談をすることによって問題を解決することができます。それでは相続について税理士に相談をすることにはどのようなメリットがあるのでしょうか。こちらでは税理士に頼ることのメリットについて教えましょう。参考にしてください。